事業方針

事業方針
Strategy & Values


HOME > 事業方針


フォーセンス・パートナーズ。私たちは企業再生のプロフェッショナルサービスファームです。

当社は、国内に類を見ない「企業再生プロフェッショナルサービスファーム」となることを志向しています。
私たちの考える「企業再生プロフェッショナルサービスファーム」とは、単なる経営破綻企業の法的整理人のことではありません。シニアマネジメントの経験と再生コンサルタントのスキルを融合させることによって、「企業価値向上と企業再生」を実現し、同時に再生コンサルタントを真のターンアラウンドスペシャリストへと「人材育成」できるようなファーム創りを目指します。


事業方針


Our Commitment

Commitment to Clients’ Success
投資ファンドの出資する企業や経営不振・低成長の企業に対して、企業/事業/財務の戦略立案とそれを実行するための業務プロセス・経営管理・コーポレートガバナンスの改革、さらにはマネジメント・従業員の意識改革・人材育成を支援することで、クライアントの企業価値向上に貢献します。
これらの支援に際しては、単に外部からのコンサルティングという形態に留まらず、必要に応じてマネジメント(経営トップ、ミドル)として執行責任も負担することで、種々の変革プログラムの成功確率を大幅に向上させることを検討します。
そのために、マネジメントとして企業成長・再生の経験を有するメンバー(シニアマネジメント)とコンサルタントとして再生関連スキルを有するメンバー(再生コンサルタント)とを「マネジメントチーム」として派遣し、クライアントとの共同チームを組成することで最大限のシナジー創出を図ります。

Commitment to Each others’ Success
日本には真のターンアラウンドマネージャー(TAM:再生請負人・・・法的破綻の整理屋ではなく、企業業績を短期間に劇的に向上させるプロ)が数少ないと言われています。フォーセンス・パートナーズでは、シニアマネジメントの経験と再生コンサルタントのスキルを融合するとともに、On the Jobでの様々な経験を通じ、再生コンサルタントを真のTAMに育成することを目標とします。
支援企業の業績向上に伴う成功報酬がメンバー各人にとって大きなインセンティブとなることは言うまでもありません。また一方で、専門性を追求しようとする再生コンサルタントにとっては、種々の困難な案件やトップマネジメントとの協業を通じた自らのスキル向上が重要なモチベーションとなることも事実です。当社では報酬(短期的インセンティブ)と自己実現(中長期的モチベーション)のインセンティブバランスの最適化により、すべてのメンバーが納得できるキャリア形成の場を提供することを目指します。