会社概要

会社概要
代表あいさつ


HOME > 会社概要 > 代表あいさつ


執行責任を担う企業再生プロフェッショナルファームに向けて

我々は、これまで事業会社、金融機関、会計事務所、コンサルティングファーム、投資ファンド等での活動を通じて、様々な規模、経営状況、業種の企業における経営課題に直面し解決を図ってきました。課題のテーマとしても、経営理念の再構築、組織・拠点等の再編、M&A、資金調達等の企業戦略レベルから、新規顧客・市場開拓、生産性向上、原価削減等の業務戦略レベルまで取り組んできました。また、戦略・施策の立案フェーズのみならず実行フェーズまで関与し、業績回復・株価向上等を実現したという貴重な経験を持っています。
これまでの経験をもとに、我々が考える成功の要旨は以下の3点です。

・内輪の論理を排除し根本原因や抜本的解決策といった「モノゴトの本質」にトコトンこだわること
・経営トップを中心とした強力な改革推進チームを組成し一気に突き進むこと
・社内出身者と社外出身者との異文化交流を通じて意識改革とスキル移転を促すこと

2007年、我々フォーセンス・パートナーズは、外部の視点を持ちながらも経営トップとともに執行責任を担う経営チームを派遣し、中長期的視点からクライアントの変革実現を支援する、という新しい形の経営プロフェッショナルサービスの提供を開始いたします。

どこまでも「本質」を追求し、必ず「実現」することがフォーセンス・パートナーズの基本精神です。企業経営に関する専門知識はもちろんのこと、その考え方や実行力で勝負していく所存です。そして、我々の夢はクライアントと共に成長すること、共に戦った方の中から次世代の経営陣が輩出され、我々自身も経営のプロフェッショナルとしてチャレンジを続けること。こういった活動が日本企業の永続的発展に繋がるものと信じております。

当社の社名である「フォーセンス(Fosence)」は ”Focus on the essence” を語源とする造語であり、「常にモノゴトの本質を追求する」という私たちの基本精神に由来しています。私たちは、各構成メンバーが有する様々な経験と専門的スキルを最大限に活用し、クライアントの企業価値向上を通じて、国内に類を見ない企業再生プロフェッショナルサービスファームを目指します。

代表取締役パートナー
雨宮雄一